ブラシの思い出

 

 

こんにちは!スタッフなべです。

今日は西成製靴塾さんの冊子を届けてもらいました。

 

 

A5のフルカラーで手縫い靴のことを初めて知る人向けの優しく、見やすく、コアな内容です^^

ここにちょっとだけ寄稿させていただきました。

 

初めて靴に興味を持ってくれた方向け、ということで、

私は靴磨きをするので、初めて靴磨きをやる方には

何をお伝えしたいかを考えて「ブラシ」について書かせてもらいました。

 

数量わずかですが、ご興味のある方は無料ですので郵送でお送りします。

ALEXISのお問い合わせフォームかLINEから「靴のつむぎ希望」とお知らせくださいませ♪

 

 

 

ここからは私の思い出話になります。

寄稿した内容を書いている時、思い出したことです。

 

 

 

初めて靴ブラシを買ったこと。

 

まだ革も靴もかじりはじめでよくわからなかった時、

ぐうぜん入った兵庫の靴屋さんでブラシに目が留まりました。


お店オリジナルのもので手のひらサイズで確か3000円くらい?

こだわりの毛、木製、まあまあ良い値段…

手にとって触っていたら何となく「良いな」と思いました。

 

 

そのお店は靴を売っていて、修理も受け付けていて、

置いてあるものはみんな職人さんのおすすめでした。

 

当時はまだALEXISに入社しておらず、服屋でバイトしていたくらいの私。

偶然見つけたブラシを買ってしまいました。

 

 

買う時にお店のおじさん(たぶん職人さん)に、

「ブラシは良いやつにするんやで」と言われました。

 

そうなんや〜くらいに思った私、今ならそうだなとわかります。

 

 

靴を磨く時にクリームだけあってもダメ、

ブラシで汚れを落としてブラシでツヤを出す。

毛は多少抜けますが、クロスのように使い捨てることはありません。

 

長く使っていくブラシはすごく大事なアイテムなんですよね。

なので多少奮発しても絶対損はない!そう感じます。

 

 

それから今日まで、色んなブラシに触れたり見たりしてきましたが、

偶然買ったそのブラシが一番のお気に入りです。

 

 

皆さんもブラシを買う時は、実際に手に持って、毛を触ってみて、

「これいいな」と感じたものを選んで頂けたらと思います。

 

少しでもたくさんの人に靴磨きがひろがりますように。

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode