革靴ケア・白い粉の付着・油分の多い革について

 

 

こんにちは、スタッフなべです。

以前取り扱っていたHANGARというブーツで、こんな革がありました。

 

 

 

一瞬カビかと思ってしまいますが、カビだともっと点々としています。

お問合せも頂いて、なんだろうとケア用品のメーカーさんに確認したら、

なんと革に含まれている油分なんだそうです。

 

よくココナッツオイルが冬場に白く固まっていますが、あのイメージです。

皮を鞣して革にする時、色々な加工方法がありますが、

油分をしっかりしみ込ませた革は冬場や温度が低い場所に置いていると

このように白い粉をまぶしたように表面にでてきてしまうそう。

 

カビではなくて安心したけど、このままだとちょっと困りますよね。

そんな時は、ブラッシングで解決です!

 

普段使っている靴ブラシでOK。

ブラッシングした時に毛の摩擦熱で油分が溶けて革になじんでくれます。

油分が入ったので表面もテカっと光沢がでました。

 

お持ちの革でもしこのような革があったら

ブラッシングしてみてくださいね♪

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode