革靴ケア・起毛レザー用のブラシと汚れ落としアイテム

 

 

こんにちは。スタッフなべです。

 

スエードヌバックのお手入れに使うブラシについてご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

起毛革用のブラシには種類があり、毛の質感や硬さによって使い分けています。

商品を買う時に革に触れてどのブラシにするか決めましょう。

お店でどのブラシがいいか確認しておくのもおすすめです。

 

 

 

●真鍮入りブラシ

ブラシの真ん中に硬い真鍮ワイヤーが使われているブラシです。

昔からある起毛革ブラシで、寝てしまった毛を起こしたり、汚れをかき落したりします。

硬い毛の為、革よりも強く、硬くて厚いバフの荒い起毛革におすすめです。

毛足の短い革に使用すると、毛をひっかけて伸ばしてしまったり、

千切って荒らしてしまうので注意。

 

 

●スポンジブラシ

革よりも柔らかく、柔らかい起毛革におすすめのブラシです。

写真は発砲ゴム素材のスポンジ。

革と擦れると負けるようにできており、汚れをキャッチしてぽろぽろと削れます。

柔らかい起毛には安心ですが、硬い起毛には効果が薄く物足りない仕上がりになります。

 

 

●ゴムブラシ

ブラシ部分がゴム素材のブラシ。

単体でもありますが、写真のように

表裏で真鍮ブラシと合体しているタイプがよく見られます。

使い心地は真鍮ほど強力ではありませんが、

スポンジよりもしっかりと起毛を擦ります。

 

 

●豚毛ブラシ

コシのある天然豚毛のブラシ。

真鍮ほど硬さはありませんが、しっかりと毛の間の汚れをかき出します。

ゴムブラシより摩擦が少ない印象です。

 

 

●クレープブラシ(生ゴム・ゴム)

ゴムクレープのブラシ。

天然ゴム(生ゴム)のものとそうでないものがあります。

毛並みを整えて汚れをキャッチし、こびりついた汚れを落とします。

ゴムなので劣化すると硬くなります。そのまま使用すると毛を荒らすことがあるので注意。

 

 

 

 

 

 

ブラッシングで落ちない汚れに特化したアイテム

 

※無理に落とそうとすると革を痛めてしまう為、

一定以上の汚れはクリーニングや専門店での処置が安心です。

 

 

●砂けしタイプ

スポンジタイプのブラシの強力版。

砂けしのように汚れをキャッチしてぽろぽろ削れます。

糊のようなこびりついた汚れに対応します。

擦りすぎると色落ち、毛の千切れや伸びができてしまうので注意。

 

 

●ゴム

 

ブラシにもあったクレープ(生ゴム・ゴム)素材の汚れ落とし。

こびりついた汚れに対応しています。

擦りすぎると摩擦で毛を荒らしてしまうのと、素材の劣化に注意。

 

 

●スプレータイプ

染みついた油汚れに対応したスプレータイプのクリーナーです。

汚れた部分とその周辺に直接スプレーし、布で拭き取ります。

汚れがひどい場合は乾いてから何度か繰り返しますが、

周囲が色落ちしていないか確認しながら行います。

 

 

 

 

 

 


スエードやヌバックなどの起毛レザーはスムースレザーよりも

砂やホコリをキャッチしやすいです。

 

普段はブラッシングできれいな状態にしておき、

お手入れの時には汚れを落とし、そして栄養補給をしてあげましょう!

 

 

 

 

 

 

 

当店で取り扱い中のアイテム

M.モゥブレイ クワトロスエードブラシ

M.モゥブレイ ラテックス&スプラッシュブラシ

・M.モゥブレィ スエード・ヌバックイレイサー

・スエードクリーナー

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode