革靴ケア・靴の長期保管,ムートンブーツのお手入れ

 

 

次のシーズンまで大切な靴を保管するために。

靴箱や棚に片付ける前のお手入れ方法をご案内します。

 

 

 

● ムートンブーツのお手入れ ●

※今回の方法は別記事「革靴ケア・ムートンブーツのお手入れ」にて詳しく紹介しています。

 

 

 

 

 

≪1≫ 砂ホコリをブラッシングで落とす

 

ついている砂やホコリを【 起毛皮革用のブラシ 】で払い落とします。

写真のように毛足の短いスエードには

優しいスポンジタイプのブラシをおすすめしています。

 

 

毛の間に入り込んだ砂やホコリをしっかり落とす為、

上下左右の方向から全体をくまなくブラッシングします。

 

硬いかかとの部分やパーツの隙間も念入りに。

 

 

 

 

かかとなどの革の硬い部分(芯の入っている部分)

当ててしまってへこみや毛が寝ている場合は

スポンジよりも強いゴムブラシで毛を起こしましょう。

 

 

★ムートン部分もブラッシング

表に出ているムートンは毛足が長いのでホコリがたまりやすいです。

しっかり専用ブラシで汚れを落としましょう。

※写真では馬毛ブラシを使用していますが、市販のムートン専用のものを使用しても大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

≪2≫ 色落ち部分への補色

 

履いていて当てたり擦れたり、日焼けなどで革の色が落ちることがあります。

黒は特に目立つため、気が付いたら専用の液で補色しましょう。

 

 

 

 

 

 

≪3≫ 靴の中を除菌、抗菌、防臭

 

ムートンブーツの中は普通の靴より空気がこもりやすいです。

中に詰まった毛にホコリや汚れが溜まると

湿気や汗と反応して雑菌が発生し、臭いの原因になります。

 

革用の除菌、抗菌スプレーを中にふきつけます。

布にしみ込ませてサッと中まで拭いてもOK!

 

中で抜けている毛があればかき出しておきましょう。

 

 


 

 

 

≪3≫ 革への栄養補給

 

表面と内側が綺麗になったら最後に革に栄養補給をします。

スエード用の保革剤にはスポンジにしみ込ませて塗るリキッドタイプや

写真のようなスプレータイプがあります。

お好みで使いやすいものを選んでください。

 

 

------!!注意!!------

スプレーを使用する際は、吸い込みに注意し、

かならず風通しのある場所、屋外でご使用ください。

-------------------------

 

 

乾燥気味の場合は一度添加したあとブラッシングして毛を逆立て(逆立てると色が変わります)

液が乾いてから2度添加します。

 

 

 

 

≪4≫ 靴底をチェック

 

 

ソールが削れると足のバランスだけでなく、靴の形も崩れます。

フラットなムートンブーツは後ろから見ると型崩れがはっきりと見えてしまう為、

削れがひどい場合は修理店で補修しておきましょう。

 

 

 

 

≪5≫ 片付ける前に

 

ムートンは柔らかいので放っておくと型崩れすることがあります。

ブーツキーパーや除湿剤などを入れておき、形をキープしましょう。

 

ブーツキーパーは写真のような筒を立たせるタイプのもの。

100円均一などでも手に入ります。

ジェットブーツキーパー

 

買った時に入っていた紙材をいれておいても大丈夫です。

 


 

 

 

 

 

これで完了です!お疲れ様でした。

 

たくさん歩いたムートンブーツ、また来年までお休みなさい〜

 

 

 

 

 

 

使用アイテム

M.モゥブレィ ラテックス&スプラッシュブラシ

Mモゥブレィ クワトロスエードブラシ

Famaco スエードカラーダイムリキッド

M.モゥブレィ スエードカラーフレッシュスプレー(ニュートラル)無色

Mモゥブレィ ホースブラシ

M.モゥブレィ モールドクリーナー

クラブヴィンテージ シダードライ

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode