革靴ケア・カビのはえた靴の処置方法

 

 

こんにちは、スタッフなべです。

雨で濡れたり湿度の高い場所においてある靴にはカビが発生しやすくなります。

 

もしカビが生えてしまったら、

そんな時の対処方法をご案内します。

 

 

 

● カビのはえた靴の処置方法 ●

 

・カビは刺激を与えると飛び散ります。口と鼻をマスクか三角巾で覆ってから処置を始めてください。

・風通しの良い場所で行ってください。

・今回使用する布は他のものにカビが移らないよう、使用後は捨ててください。

・処置後は必ず手洗いをしてください。

 

 

 

●カビかどうかわからない時

よくお風呂場でみかけるカビですが、靴にもできるものなの?

なんかカビっぽいけど本当にカビなのかわからない。

最初は皆さん迷われると思います。

(私は修理屋さんでこれカビやでって言われました…)

 

カビが発生する要因は色々ですが、

最近履いていなかったり、長く置きっぱなしだったり、

雨に濡れたまま置いていたりと、思い当たる原因がある時は要注意です。

 

カビかどうか判断が難しい場合はお問合せで写真を送って頂くか、

ネットで「革靴 カビ」と検索すると実際にカビた靴の写真が出てきますので

比べてみましょう。

 

LINEのお問合せ

 

 

 

 

それでは始めます。

今回はスムースレザーのブーツを処置します。

 

※スエードの場合は専用の水洗い洗剤とカビ除去除菌剤で落とします。

 水を使用するのでしっかりと乾燥させないとカビ菌が広がって悪化することがあり、

 慣れていない方にはあまりおすすめできません。

 修理店ではクリーニング、抗菌処置のメニューがありますのでそちらもぜひご検討ください。

 

 

 

 

≪1≫カビ除去除菌剤を添加する

 

ホコリがついている場合はブラッシングで落とします。(このブラシは他の靴には決して使わないでください)

カビのはえた部分と全体にカビ除去除菌剤をふきつけます。

カビは目で見える部分以外にも広がっている可能性がありますので、

靴全体とソールにもふきつけましょう。

 


 

 

 

 

≪2≫ 布で拭き取る

 

ふきつけた液を拭き取っていきます。

この布は拭き取りが終わったら処分しましょう。

 

ふきとるとモヤモヤとついていた点が消えました。

 

 

 

 

 

≪3≫ もう一度ふきつけて干す

 

一度目の拭き取りで表面のカビを除去し、

二度目のふきつけで革の繊維に入り込んだカビ菌もやっつけます。

 

靴の中にもスプレーしておきましょう!

写真のように靴の奥にもしっかりと。

 

風通しの良い場所で一週間程干します。

 

 

 

 

以上です。いかがでしょうか。

 

作業は拭き取りだけで簡単ですが、

1週間も陰干しするのは大層に感じた方もいるかもしれません。

 

ですが、大切な靴の為に処置は徹底的にしましょう。

カビは一度発生すると表面上は消えても、繊維の奥に根っこが残っていれば再発します。

 

 

今回の処置で回復した靴は、その後も様子を見ながら

定期的に除菌処置をしてあげてください。

 

 

 

 

 

 

今回使用したアイテムはこちら。

天然成分「有機ヨード」の除菌消臭剤を使用しています。

カビ除去、除菌、防菌、臭い対策にも使えるのでおすすめ!

M.モゥブレィ モールドクリーナー

 

▼Mモウブレィ公式ページにて詳しく紹介されています▼

 

 

 

 

 

 

その他あると便利なアイテム

M.モゥブレィ ステインリムーバー(革靴用汚れ落とし)

M.モゥブレィ リムーバークロス(汚れ落とし、拭き取り用の綿布)

M.モゥブレィ プレステージ ナチュラルフレッシュナー(天然アロマオイルの除菌消臭剤)

 

M.モゥブレィ シューフレッシュAg+(銀イオンの除菌消臭スプレータイプ)

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode