革靴ケア[2]起毛レザーのお手入れ・ブラッシングで落ちなかった汚れを落とす

 

 

こんにちは、スタッフなべです。

お気に入りの素敵な一足、大切な革靴を長く、良い状態で履いて頂きたい。

そんなわけでお家で出来るお手入れ方法をご説明していきます。

 

 

 

● スムースレザーの革靴ケア ●

 

≪2≫ ブラッシングで落ちなかった汚れを落とす

 

 

起毛レザーのお手入れでは、砂やホコリはブラッシングで落ちますが、

何かが染みついた汚れや、糊がこびりついたような汚れはなかなか落ちません。

 

落ちにくい部分をブラッシングし続けると、

毛が痛んで荒れてしまったり、色落ちしてしまいます。

 

一度痛んでしまうと修復が難しくなりますので、

少しずつ慎重に、汚れにあったケアを行いましょう。

 

 

※革の状態や汚れの種類によってはご案内する方法で落ちないことがあります※

どうしても落ちないものは無理に落とそうとせずに一度ご相談ください。

当店までお問い合わせいただくか、お近くの靴のお修理店で見て頂くことをおすすめします。

 

 

 

 

 

 

●こびりつきの汚れ向きアイテム

当店では糊やゴムのようなこびりつきの汚れには

下記のアイテムをおすすめしています。

 

ラテックス&スプラッシュブラシ(ゴム面を使用します)

 

スエード・ヌバックイレイサー(スポンジより強力な砂消しタイプ)

 

使い方は簡単で、汚れが気になる面を優しくこすります。

スポンジやブラシよりも擦れる力が強いので、

起毛が伸びてきてしまっていないか、

切れてしまったり、色落ちし始めていないか様子をみながら行います。

 

 

汚れが落ちたら、起毛レザー専用の保革剤で革に栄養を与えてあげましょう。

 

>>≪3≫ 起毛レザー専用のケア剤で栄養補給

 

 

 

 

 

 

●染みや油汚れ向きアイテム

雨染みや油汚れは一度ついてしまうと綺麗に落とすのは難しく、

染みが大きい場合は修理店でのクリーニングをおすすめします。

一部分だけケアする場合、当店では下記のアイテムをおすすめしています。

 

スエードクリーナー(ふって拭き取るスプレータイプ)

汚れた部分とその周辺に直接スプレーし、すぐ布で拭き取ってください。

汚れがひどい場合は何度か繰り返しますが、

周りが色落ちしていないか確認しながら行います。

※革が乾燥してから行いましょう。

 

 

 

布で表面をくるくると優しく撫でます。ゴシゴシはNG。

 

汚れが落ちたら、起毛レザー専用の保革剤で革に栄養を与えてあげましょう。

 

 

>>≪3≫ 起毛レザー専用のケア剤で栄養補給

 

 

 

 

※革の状態や汚れの種類によってはどうしても落ちないことがあります※

ここでご案内する方法で落ちれば良いのですが、

足元に付着する汚れは様々で、

時には専門店でも落とせないようなものもあります。

 

どうしても落ちないものは無理に落とそうとせずに一度ご相談ください。

当店LINEからお写真を送って頂き、お問い合わせいただくか、

お近くの靴のお修理店で見て頂くことをおすすめします。

 

 

LINEのお問合せ

 

 

 

 

 

 

使用アイテム

スエード・ヌバックイレイサー

M.モゥブレィ ラテックス&スプラッシュブラシ

M.モゥブレィスエードクリーナー

 

 

 

>>次は ≪3≫ 起毛レザー専用のケア剤で栄養補給

 

 

 

 

 



calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode